タイ向けホームページ制作(スマートフォン対応のレスポンシブデザイン)

『タイ語ホームページ』と『タイ人向けホームページ』は大きく異なります。
日本語サイトをそのままタイ語翻訳したホームページが『タイ語ホームページ』、
タイ人の目線で作るホームページが『タイ人向けホームページ』です。

タイ人の特性や好みをよく理解した上でホームページを制作することで、より多くの集客につながり、
また、旅行客からのお問合せを最小限に抑え、スタッフの業務の軽減にもつながります。

制作例

タイ語WEBサイトを制作する際に注意すべきポイント!

タイ人は文字を読むのが好きではない

タイ人は、欧米人とは違い、文字よりも写真を好みます。 文字ではなく、動画や写真(美味しそうな料理や絶景の写真等)でないと見てもらえないこともあります。

※ただし、アルコールの写真は禁止されており、罰金などが発生する場合があるので気を付けてください。

タイ語は文字化けしやすい

タイ語はご存知の通り、文字化けをしていてもそれに気づくことが非常に難しいです。
また、翻訳原稿をウェブ制作会社やデザイン会社が扱う際に、タイ語を知らずに編集し、間違った改行などをすると、文字化けし、全く意味の通じない文章になってしまうケースがあります。
デザインが上がってきた後に、タイ人による最終チェックが必須です。

フォント選びが重要

タイ語に対応していないフォントを選んでしまうと、文字が表示されなかったり、文字化けが起こります。
特に新しいAdobeソフトを使用していないと、そのフォントがなく文字化けするので気を付けてください。
フォントの種類ですが、フォーマルな内容によく使われるフォントとカジュアルな内容によく使われるフォントがあり、それを間違えると、意図しているものと全く違った雰囲気で伝わってしまうので気を付けてください。

固有名詞は英語でも表記

人名や地名などの固有名詞をタイ語にするときは、音を文字にあてていくいくといった作業をします。
そのため、固有名詞でも翻訳者によって選択する文字が異なります。
固有名詞は、タイ語の後に英語でも表記することをお勧めいたします。

日時は仏暦を使用する

タイで日時を表すときは、西暦よりも仏暦を使って表記します。西暦に543を足すと仏暦がわかります。

外国人向けホームページを作る際の注意についてはこちら

お得なセットプラン(PR付き)はこちら

オーエイチはタイ人スタッフがいるので、タイ語のチェックや投稿が困難なタイのホームページにも投稿可能!
タイ人の好みを理解した効果的なホームページや広告を作成可能いたします。
タイで人気のサイトの日本での唯一の正規代理店ですので、
制作からプロモーションまで安心してお任せください。

タイ プロモーションのお問い合わせ

TEL:03-6276-5080(受付時間 平日/10:00~18:00)