バス会社・鉄道会社の方は必見!
座席の窓側・通路側を中国語で表現する場合の注意点  
    bus2

    

年々急増する外国からの観光客、2018年の訪日外国人数は3,119万人で、2020年には4,000万人が政府目標です。
その訪日外国人の半数近くが中華圏(中国・香港・台湾)です。当然、鉄道や高速バスを使用する中国人・香港人・台湾人も急増。車両内の案内も多言語化が必須。しかし、日本語も中国語も同じ漢字なので通じるのでは?
残念ながら通じないケースが多々あります。そこで、今回は指定席に欠かせない「通路側・窓側」についてご案内します。日本語では一つしかない、通路側・窓側の漢字ですが、中国語では複数あります。

          
日本語 簡体字
窓側 窗边、车窗、靠窗户、靠窗、靠窗户的座位 など
通路側 窗边、车窗、靠窗户、靠窗、靠窗户的座位 など
    

ではどうしたらいいの?

    

まず中国語の感覚で、対になる語は可能ならば同じ文字数が理想的です。    
また、使用箇所により異なる表現を選ぶ必要があります。

中華圏で高速バスや鉄道に乗ると座席の上に
「5A|车窗|Window」「5B|过道|Aisle」
「5A|窗边|Window」「5B|走道|Aisle」

と表記されているケースを多く見かけます。

 

しかし、「车窗、过道」や「窗边、走道」は車両に乗り込んで目の前に座席があって初めて理解できる言葉です。

 
オンライン予約する際のWEBサイトでの使用にはあまり適しません。
では、WEBサイトなどではどのように表現したら良いのでしょうか?

表現方法は複数ありますが、弊社がおすすめするのは
「 窓側:靠窗户 通路側:靠走道 」です。

この表現ならば「靠」があることによって、バスに乗る前のWEBサイトなどの予約段階で席の「~側」と理解でき、また同じ文字数なので中国語の対照感覚から美的に感じます。

このように利用シーンを考慮しながら翻訳する必要がございます。参考になれば幸いです。

交通翻訳のご案内

お問合せ