「Go Toトラベル」最新情報


「Go Toトラベル」事業の受け入れにあたって

「Go Toトラベル」に向けてどんな準備をすれば良いの?
「Go Toトラベル」に向けてどんな宿泊プランを用意すれば良いの?
そんなお悩みをお持ちの施設さまへ

「Go Toトラベル」受入手引きダウンロード

「Go Toトラベル」事業内容

2020年6月16日に観光庁は、国内旅行需要喚起策「Go Toトラベル」の事業概要を発表しました。
新型コロナウイルス感染拡大によって深刻な打撃を受けた観光業の復興を目指すものです。
対象事業者は、旅行業者とOTA(Online Travel Agency)のほか、宿泊事業者による直販も含まれます。
ただし、個人で手配する交通は割引対象外となる予定なのでご注意ください。
また、個人旅行だけでなく、旅行業者や予約サイト経由で手配される修学旅行や職場旅行などの団体旅行も対象となります。

2020年7月10日(金)に赤羽国土交通大臣の会見により、国内旅行需要喚起策「Go Toトラベル」事業が、7月22日(水)から開始されることが明らかになりました。
ただし、キャンペーンは7月22日以降の旅行代金の割引のみを先行的に開始で、地域共通クーポンの本格実施日は、9月1日以降(別途発表予定)からとなっております。


【割引率:最大50%】
旅行業者等経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分のクーポン等(宿泊割引・クーポン等に加え、地域産品・飲食・施設などの利用クーポン等を含む)を付与(最大一人あたり2万円分/泊)。

■開始日: 旅行代金の割引(旅行代金の35%)→7月22日(水)から
※割引をされていない価格の場合、宿泊者ご自身で、事務局に還付申請することで、旅行者に還付されます。(詳細は調整中ですが、申請には、申請書・領収書・宿泊証明書・個人情報同意書が必要です)
クーポン(旅行代金の15%)→9月1日(火)以降で別途発表された日から
■対象目的地: 日本全国(国内)
■対象商品 : OTA、宿泊の直予約、募集型企画旅行、受注型企画旅行、旅行会社経由の手配旅行
■対象行程 : 日帰り旅行、宿泊旅行
■上限金額 : 1泊あたり最大2万円。日帰りの場合は1万円(1名あたり)
※9月以降のクーポンを含めた本格実施までの上限額は、1人1泊あたり1万4千円(日帰り旅行の場合は7千円)になります。
■補助金額 : 最大50%(1/2)補助金の内7割程度は旅行代金、3割程度は現地で使えるクーポン券となります。
(クーポンは、旅行先の都道府県+隣接都道府県において、旅行期間中に限って使用可能です)

例)旅行代金(宿泊などの費用)が40,000円/泊の場合
自己負担 26,000円
補助金 14,000円

現地で利用できいるクーポン券6,000円分
となります。

 「Go Toトラベル」事業の解説動画


<宿泊者様への対応として>
7月22日以降の予約をすでにしている方も、宿泊者ご自身で、旅行後の申請により割引分を還付されます。
  →お客様からキャンペーンについて電話などで問い合わせがあった場合は、申請によって還付されることをご案内し、まずはご予約いただきましょう!
  →旅行後に還付をされる宿泊者様には、領収書以外に、宿泊証明書もご用意してお渡ししましょう。

<宿泊施設様の対応>
7月27日(月)以降、旅行業者、予約サイト、宿の直販予約システム等において、準備が整った事業者から、割引価格での旅行の販売を実施可能になります。
  →地元の方向けの特典プランや、遠方からリピーターになっていただけるようプラン作りを早急に進めましょう。

プランや準備にお悩みの方は

「Go Toトラベル」受入手引きダウンロード

「Go Toトラベル」用WEBページ作成

「Go Toトラベル」でお客様に選べる施設になる為には、
コンテンツマーケティング用のキャンペーンページ制作が効果的です。

キャンペーンページ制作(コンテンツマーケティング)の詳細はこちら

宿泊施設の皆様へ

「Go Toトラベル」受入手引きダウンロード